トップ > スタッフブログ

栄養室ブログ

ハロウィン(令和2年)
ハロウィン(令和2年)
ハロウィン(令和2年)
ハロウィン(令和2年)

2020-11-10

ハロウィン(令和2年)

 ハロウィンは、毎年10月31日に行われるヨーロッパを発祥とするお祭りで、元々は秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事です。現在では宗教的な意味合いはほとんど失われ、欧米特にアメリカで民間行事として定着しており、それが日本にも伝わりました。
 アメリカでは、カボチャの中をくり抜いて「ジャック・オー・ランタン」を作ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家を訪れ「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」と唱えてお菓子をもらったりする風習などがあります。日本では、ハロウィンパーティーやイベントが盛んで、仮装をして集まる日として定着してきました。
 当院では、10月30日の昼食に、かぼちゃプリンや紫キャベツのコールスローなどのハロウィンらしい献立やジャック・オー・ランタンやおばけを描くデコレーションでアレンジしたイベント食を提供し、ハロウィンの雰囲気を楽しんでいただきました。

献立
・ごはん
・チーズハンバーグ
・つけあわせ(ブロッコリー)
・紫キャベツのコールスロー
・ポタージュスープ
・かぼちゃプリン

 かぼちゃプリンはオバケの絵を描いて、チーズハンバーグはジャック・オー・ランタンを描きました。オバケの絵のチョコペンは固まらないタイプのものを使用し、ミキサーやきざみの方にも安心して召し上がっていただけるよう配慮しました♪

※写真は上から、「一口大」「きざみ」「ミキサー」「カボチャプリン・イベントカード」です。

ページトップへ
セルフサンドイッチ(令和2年)
セルフサンドイッチ(令和2年)
セルフサンドイッチ(令和2年)
セルフサンドイッチ(令和2年)

2020-09-17

セルフサンドイッチ(令和2年)

 『いつもと違うごはん』を楽しんでいただこうと、セルフサンドイッチを昼食に提供しました。とんかつ・卵・ツナ&きゅうりから、好きな具材を選んでいただき、一口大の方はふんわりした食パンにはさみ、きざみ食・ミキサー食の方は、パンソフトやパン粥にのせて、それぞれのスタイルで食べていただきました。パンソフトはパンを牛乳に浸してミキサーにかけて成型、食パンのような見た目となめらかなくちどけに仕上げ、パンを食べることが難しい方にも安全においしく食べていただけるようにしました。いつもと違う味わい、雰囲気にとても喜んで食べていただけました。

献立
・セルフサンドイッチ
・ペンネのクリーム煮
・フルーツヨーグルト

※写真は上から「一口大」「きざみ食」「ミキサー食」「パンソフト」です。

ページトップへ
納涼祭(令和2年)
納涼祭(令和2年)
納涼祭(令和2年)
納涼祭(令和2年)

2020-08-14

納涼祭(令和2年)

 8月10日は山の日、山の恩恵に感謝し、山に親しむ祝日として、2016年に始まりました。本来、山の日は8月11日ですが、今年は開催される予定だった東京オリンピック・パラリンピックに合わせて、8月10日に移動されました。

 当院では、山の涼やかな風が厳しい暑さが少しでも和らげてくれたらとの思いを込めて、「納涼祭」というテーマで行事食を行いました。夏が旬の鯵は南蛮漬けにして冷やし、夏でも食べやすいメニューとなっております。とうもろこしやスイカなど夏らしいものを取り入れ、小鉢はお祭りっぽい雰囲気を味わっていただくためにたこ焼きにしました。

献立
 ・とうもろこしご飯
 ・鯵の南蛮漬け
 ・たこ焼き
 ・清汁
 ・スイカ

※写真は上から「常食」「一口大」「きざみ食」「ミキサー食」です。

ページトップへ
七夕(令和2年)
七夕(令和2年)
七夕(令和2年)
七夕(令和2年)

2020-07-17

七夕(令和2年)

 七夕は中国から伝わった五節句のひとつで、天の川によって離れ離れになっている織姫と彦星が年に一度カササギの翼に乗って天の川を渡り再会できるという伝説で有名です。また、中国の風習が起源とされる、古くから無病息災を願ってそうめんを食べる日でもあります。

 伝統的な行事食のそうめんを天の川にみたて、錦糸卵やお野菜で星空をイメージして色鮮やかに盛付けました。 きざみ食やミキサー食の方にも目で見て楽しんでいただけるように星型に抜いたりして工夫しました。ミキサー食のゼリーはゼリーを色ごとに分けてミキサーにかけ、元のゼリーを再現しました。

お品書き
・七夕そうめん
・豚肉と茄子の味噌炒め
・七夕ゼリー

※写真は上から「一口大」「きざみ食」「ミキサー食」「七夕仕様の配膳車」です。

ページトップへ
あじさい御膳
あじさい御膳
あじさい御膳
あじさい御膳

2020-07-06

あじさい御膳

 6月の代表的な花、あじさい。梅雨にぬれながら美しく咲くあじさいにちなみ、あじさい御膳と名付け、色鮮やかな和食にまとめました。梅しらすご飯に使われる梅干しは、疲労回復効果や食中毒予防効果があり、さっぱりとした味わいに食も進み、蒸し暑い日にぴったりです。新緑をイメージした天ぷらの大葉、食後のデザートに旬のフルーツびわを添えて、季節を感じていただけるようにしました。

献立
・梅しらすご飯
・天ぷら(海老、鱚、さつま芋、大葉)
・大根の葛煮
・フルーツ(びわ)

※写真は上から「きざみ食」「ミキサー食」「一口大」「常食」です。

ページトップへ
子どもの日(令和2年)
子どもの日(令和2年)
子どもの日(令和2年)
子どもの日(令和2年)

2020-05-12

子どもの日(令和2年)

 5月5日は子どもの日です。
 もともとは『端午の節句』と呼ばれ、男の子の成長をお祝いする日でしたが、1948年に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する」祝日と決められました。

 子どもが主役の日ということで、今年はお子様ランチのようにプレートにして盛付けました。オムレツをお星さまにしたり、ケチャップでお顔を描いたりして、楽しく食べていただけるようにしました。

〜お品書き〜
カレーピラフ
オムレツ&エビフライ
野菜のソテー
コンソメスープ
プリン

※写真は上から「一口大」「胃ろう食」「きざみ」「ミキサー」です。

ページトップへ
花祭り(令和2年)
花祭り(令和2年)
花祭り(令和2年)
花祭り(令和2年)

2020-04-23

花祭り(令和2年)

 4月8日は花祭りです。クリスマスは知っていても花祭りについては知らないという方も多いのではないでしょうか。花祭りとは、仏教を開いたお釈迦様の誕生を祝う行事です。お釈迦様が生まれた地とされるのがネパールのルンビニ園の花園といわれており、寺院ではたくさんの花で飾った花御堂(はなみどう)に安置された誕生仏に甘茶をかけてお祝いします。甘茶をかけるのは、お釈迦様が生まれた時に九頭の龍が現れ頭から香湯(甘露の雨)が注いだという伝承に由来します。また、甘茶はかけるだけではなく飲むと無病息災で過ごせると言われています。

 当院の花祭りメニューは、ちらし寿司を花御堂に見立て花型の人参やレンコンなどで華やかに盛り付けをしました。また、すまし汁に使用した「たけのこ」は土の中から天に向かって真っ直ぐ伸びる姿が誕生仏に似ていることから別名「仏影蔬(ぶつえいそ)」と呼ばれています。花祭りに好まれて使用される食材の一つです。

 当院の花祭りはとても和やかな雰囲気で行われ親しみやすい行事となっています。

〜献立〜
 ちらし寿司
 鶏つくねとかぶの煮物
 清汁
 メロン

※写真は上から「並」「一口大」「きざみ」「ミキサー」です。
<管理栄養士 山瀬温子>

ページトップへ
令和2年 節分
令和2年 節分
令和2年 節分
令和2年 節分

2020-02-05

令和2年 節分

 2月3日は節分の日です。
 季節の変わり目「節分」には邪気が生じると考えられていたため、それを追い払う意味で豆まきをするようになりました。

 近年、節分の食べ物として一般的になったのが「恵方巻」です。しかし、海苔巻きは噛み切りにくく飲み込みづらい食材のため、当院での節分メニューは毎年「具だくさんの豪華ちらし寿司」にしています。また、いわしも骨を抜き軟らかく炊いたものを使用しています。
 安全においしく!楽しく!そして邪気を払い福を呼ぶという願いを込めて作りました。

 〜お品書き〜
具だくさんちらし寿司
イワシのかつお煮
すまし汁(柚風味)
オレンジゼリー

※写真は上から「きざみ食」「ミキサー食」「一口大」「節分仕様の配膳車」です。
<管理栄養士 山瀬温子>

ページトップへ
お月見ハンバーグ(夕食)
お月見ハンバーグ(夕食)
お月見ハンバーグ(夕食)
お月見ハンバーグ(夕食)

2019-09-18

お月見ハンバーグ(夕食)

【献立】
・ごはん
・お月見ハンバーグ
・付け合せ 人参
・ツナサラダ
・豆乳ポタージュ

 夕食は、ま〜るいお月様を目玉焼きで再現しています。
 きざみ食の方たちも黄身と白身を分けて刻みもう一度目玉焼きにしました。
 ミキサー・胃ろう食の方は、ハンバーグを夜空・目玉焼きをお月様・そして、付け合せの人参でうさぎを描きました。
<管理栄養士 山瀬温子>

※写真は上から「一口大」「きざみ」「ミキサー」「胃ろう」です。

ページトップへ
中秋の名月(昼食)
中秋の名月(昼食)
中秋の名月(昼食)

2019-09-17

中秋の名月(昼食)

【献立】
・栗ごはん
・秋刀魚の塩焼き
・付け合せ(ほうれん草の和え物)
・里芋のみそだれ
・えびしんじょうのすまし汁
・お月見デザート

 2019年9月13日は「中秋の名月」でした。今回の昼食は子供たちが多く在籍する通園が休園ということで、しっとり大人向け行事食の提供となりました。
 メニューは「栗ご飯・秋刀魚の塩焼き・付け合せ(ほうれん草の和え物)里芋のみそだれ・えびしんじょうのすまし汁・お月見デザート」です。

 お月見といえば「お月見団子」ですが当院は嚥下障害の方が多くおられるため、もちっとした団子は非常に危険です。団子のかわりに「里芋」「えびしんじょう」を使用し秋らしさを演出しました。
 食事を通して季節の移り変わりを感じて頂けるよう旬の食材をたくさん使用しています。
<管理栄養士 山瀬温子>

※写真は上から「並」「一口大」「きざみ」です。

ページトップへ
七夕メニュー 2019(晩ごはん)
七夕メニュー 2019(晩ごはん)
七夕メニュー 2019(晩ごはん)
七夕メニュー 2019(晩ごはん)

2019-07-11

七夕メニュー 2019(晩ごはん)

◆夕食メニュー
・天の川カレー
・ブロッコリーサラダ
・ジョア

七夕のもう一つのテーマ「天の川」をコンセプトにしたカレーです。 ミキサー食はごはんとカレーを別々に盛付するため、コロッケを天の川,福神漬けを星に見立てています。
また、注入食は全てのメニューをまとめてミキサーにかけたものを胃へ注入します。
見た目だけでも楽しんで頂きたいと思いお星様を福神漬けで描きました。
(写真は上から「キザミ食」「ミキサー食」「胃ろう食」「一口大」です。)
<管理栄養士 山瀬温子>

ページトップへ
七夕メニュー 2019(お昼ごはん)
七夕メニュー 2019(お昼ごはん)
七夕メニュー 2019(お昼ごはん)
七夕メニュー 2019(お昼ごはん)

2019-07-10

七夕メニュー 2019(お昼ごはん)

栄養室より、七夕メニューのご紹介です。

◆昼食メニュー
・七夕そうめん
・天ぷら盛り合わせ
 (エビ、かぼちゃ、ナス、大葉)
・七夕ゼリー

七夕といえば「星」です。
そうめんにのせた星たちは、オクラ・錦糸玉子・トマトで作りました。
トマトの星は、キザミ食の方まで提供できるようにトマトジュースで作っています。
  (写真は上から「キザミ食」「ミキサー食」「一口大」「普通食」です。)
<管理栄養士 山瀬温子>

ページトップへ
栄養室からこんにちは「遠足のお弁当(キャラ弁・デコ弁」
栄養室からこんにちは「遠足のお弁当(キャラ弁・デコ弁」
栄養室からこんにちは「遠足のお弁当(キャラ弁・デコ弁」

2016-11-11

栄養室からこんにちは「遠足のお弁当(キャラ弁・デコ弁」

 11月10日付の育成部ブログ「保育にこにこ日記「10月 秋の遠足 第2弾」『宇陀アニマルパークへ(10月18日)』の記事の中に登場する「キャラ弁(デコ弁)」の紹介です。

<<メニュー>>
○ハンバーグ 付け合せ:ほうれん草、人参
○オムレツ
○マカロニサラダ
○ソーセージカツ
○バナナ

 今回は宇陀アニマルパークにちなんでひつじさんとぶたさんのキャラ弁(デコ弁)にしました。写真2枚目と3枚目は「きざみ食」のお弁当です。
<管理栄養士・寺尾知子>

ページトップへ
栄養室からこんにちは「夏休み 〜養護学校登校日のお弁当〜」
栄養室からこんにちは「夏休み 〜養護学校登校日のお弁当〜」
栄養室からこんにちは「夏休み 〜養護学校登校日のお弁当〜」

2016-09-08

栄養室からこんにちは「夏休み 〜養護学校登校日のお弁当〜」

<<メニュー>>
●ハンバーグ
●さつま芋スティック
●サラダ(カリフラワー、人参)
●チンゲン菜のしらす和え
●白桃

 夏休み中、養護学校の登校日に子供たちはお弁当を持っていきます。みんなお弁当を楽しみにしてくれているようです!

 写真2枚目と3枚目は同じメニューですが「きざみ食」のお弁当です。味も大切ですが、見た目や色合いも意識して調理するようにしています。
<管理栄養士・寺尾知子>

ページトップへ
栄養室からこんにちは「7月のスペシャルメニュー」

2015-07-21

栄養室からこんにちは「7月のスペシャルメニュー」

・トマトの冷製パスタ
・ピザ
・たこのサラダ レモンドレッシングかけ
・夏野菜のコンソメスープ
・マンゴー

 さっぱりとした冷製のパスタと、関西地方では半夏生(はんげしょう)に蛸を食べる習慣があることから、旬の蛸を使ってサラダにしました。ピザ、マンゴーを当院で提供するのは初めてです。お味はいかがでしたか。

ページトップへ
栄養室からこんにちは 「七夕メニュー」

2015-07-07

栄養室からこんにちは 「七夕メニュー」

・七夕二色そうめん
・旬の野菜天ぷら
・すいか
・ジョア

 7月7日は七夕祭りの日です。日本では農作物の収穫を祈る祭りとして行われるようになったとのことです。
 これから暑くなるので夏バテしないために色鮮やかな夏野菜をたっぷり食べて、からだの調子を整えましょう。

ページトップへ
栄養室からこんにちは 「6月のスペシャルメニュー」
栄養室からこんにちは 「6月のスペシャルメニュー」
栄養室からこんにちは 「6月のスペシャルメニュー」

2015-06-29

栄養室からこんにちは 「6月のスペシャルメニュー」

 今日は月に一度のスペシャルメニューの昼食でした。
 スペシャルメニューは調理師が献立作成から調理までを担当し、普段は提供できない食材を使用したり、少し手の凝った献立となっています。

本日のメニュー
・チキンのオレンジソースがけ
(肉・マーマレード・玉ねぎ・赤パプリカ・アスパラ)
・キヌアの夏野菜サラダ
(キヌア・えび・ズッキーニ・トマト・アボガド・レモン・マヨネーズ)
・きゅうりの冷製スープ
(きゅうり・玉ねぎ・じゃが芋・牛乳)
・ぶどう

<担当調理師からのコメント>
 夏に向けてさっぱりした気分を味わって欲しいので柑橘系のオレンジソースを使ったメイン料理にしてみました。
 サラダには最近、欧米や日本で健康食品として注目されているキヌアを使用しています。キヌアはアンデス山脈が原産といわれておりアワやヒエ等と同様に雑穀に分類され、マグネシウム、リン、鉄分、ビタミンB、葉酸を多く含みます。

ページトップへ